The abstract

マーケティング関連のまとめ




ヴィクシー低迷の理由 〜ヴィクトリアズ・シークレットのポジショニング〜

ヴィクトリアズ・シークレットとは? (Victoria's Secret)

 

ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)は、米国発のファッションブランド。婦人服、下着、香水、ならびに美容用品などを扱っている。通称“VS”。日本国内においては、販売店や利用者であっても、「ビクトリアシークレット」と表記・発音されることが多い。また「ビクシー」と省略して呼ばれることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

f:id:hinak1110:20190303235935j:plain

 

 

ヴィクシーことヴィクトリアズ・シークレットと言えば、ヴィクシーショー、ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーです。

 

ヴィクシーショーに出演するモデルの中でも、選ばれしモデルは、ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルスと呼ばれ、エンジェルは、ヴィクトリアズ・シークレットと専属契約を結び、ブランドの顔としてカタログやCMに出演します。

 

そんな、ヴィクトリアズ・シークレットですが、業績が低迷しており、2019年に北米53店舗を閉店するようです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ヴィクシー低迷の理由

ヴィクシー低迷の理由は過去からいくつか挙げられています。

 

  1. 品質の低下
  2. カスタマーサービスの質の低下
  3. 競合の存在

 

その中でも、3.競合の存在を深掘りしてみます。

 

ヴィクシーの競合ブランド aerie(エアリー)

aerieは ‘ありのままのあなたを輝かせて’ をコンセプトに、生まれ持った個性や感性、美しさを、自身の魅力として大切にする全ての女性を応援しています。

インナーとルームウェアを展開するAMERICAN EAGLE OUTFITTERS の姉妹ブランド aerie(エアリー)は、2014年のSPRINGコレクションより
“ The Real You is Sexy / ありのままのあなたが魅力的 ”というポリシーを掲げ、スーパーモデルの起用も写真の修正も行わない
#AerieREAL キャンペーンをスタートさせました。

 

アメリカンイーグル オンラインストア | American Eagle Outfitters


?

アメリカンイーグルの下着ブランド『aerie(エアリー)』は、ヴィクトリアズ・シークレットと異なるブランドポジショニングを確立しています。

 

ヴィクトリアズ・シークレットのポジショニング

「ヴィクシーエンジェルみたいな、セクシーな女性に私もなりたい」

それを実現するのが、ヴィクトリアズ・シークレットの下着です。

『女性が憧れるセクシーな女性 = 男にモテるセクシーな女性』ということで、美人でスタイル抜群のモデルがゴージャスなファッションショーのランウェイを歩く姿を見て、「私もエンジェルみたいになりたい」、「ヴィクシーの下着を着けたらエンジェルになれるかも」という憧れを抱きヴィクシーの下着を購入します。

 

aerie(エアリー)のポジショニング

一方、エアリーは真逆のポジショニングを採用しています。

「ありのままの私も美しい」

エアリーは広告写真を一切加工しないことを宣言し、モデルたちのシワやたるみ、傷やそばかす、ホクロなどは消さずに、そのまま映しだすことを宣言しました。

 

「どんな体型だって、ありのままの美しさの自分を愛そう」といようなコンセプトです。

 

www.huffingtonpost.jp

 

昨今のセクハラの問題、MeToo運動等も影響して、女性をセックスの対象としてのみ見ることは、極めて非常識なことです。

 

もはやヴィクシーは、世の女性のマジョリティの支持は受けない状態になってしまったようです。