The abstract

仕事、趣味、家族についてまとめます。




アイデア出しに適した環境、シチュエーション

私たちはどのような環境で、アイデアを思い付きやすいのでしょうか?

ウォーキングが思考力を活性化 良いアイデアをどんどん思いつく方法 | 運動 | 保健指導リソースガイド

私の経験上、オフィスのデスク、会社でのブレストでは、良いアイデアが出たためしはありません。

まずオフィス、デスクはじっくり考える環境ではありません。

同僚や上司が何の気なしに話し掛けてきます。
私がじっくり考えたいなんて露知らず、業務委託先からの問い合わせの電話が鳴ります。
私の前にはノートパソコンが置いてあり、止めどなくメールを受信します。

また、たまにプロジェクトでブレストをしますが、アイデアを出さないとならないプレッシャー、緊張感のある打ち合わせでは、柔軟なアイデアが出ることは期待できません。

では、どのような環境がアイデア出し、思考から創造へのプロセスに適しているのでしょうか?

私が確実に実感している、"その" 時間が一つあります。

スポンサーリンク



ジムでエアロバイクを漕ぎながら、本を読んでいるときです。

超気合い入れて漕いでるときは、かなり緊張感があり、何も考えられませんが、軽い負荷でゆったり漕いでいるときは、まさに金の時間です。

いい感じに思考の波に乗ります。

もう一点挙げるとすれば、入浴時、湯ぶねにつかっているときです。

しかし私はすぐに逆上せてしまうので、その時間は長く続きません。

どちらもポイントは、雑誌を本を読んだり、
リラックスした状態で、少しインプットを入れることです。

何かのきっかけ、どんどん思考が進み、
アイデアが湧いてきます。