The abstract

仕事、趣味、家族についてまとめます。




面談か電話かメールか

顧客とコミュニケーション方法としては、大きく次の3つがあります。

 

面談、電話、メール

 

クライアント側に立つと、だんだんワガママになってきます。

忙しいときに、一番イヤなのは電話です。

 

スポンサーリンク

 

 

無視するのも心苦しいので、受話器を取るのですが、

「その内容だったらメールにしてよ。」

と思うことが多いです。

 

やたら面談したがる相手もいるのですが、事前に断ることが可能なので、さほど困らないですが、何度も断ると、さすがに悪いかな。という気になります。

 

そのような方々には、残念ながら

『空気読めない方々』の烙印が押されます。

 

自分のコミュニケーションの方法の決め方は、

緊急性、説明の難易度、相手の状況

をなるべく考慮するようにしています。

しかし、時間がない時なんかは、上手くできてないですね。

 

営業のおじさんが言ってたような…

「メールより電話、電話より会って話せ。メールは使ってもよいけど、相手が見ているかわからないし、理解していないかもしれないから電話でフォローしろ。」と…

完全に身勝手な教訓ですね…

 

現在は世代間の価値観が結構ちがうので、受け手によって手段を考慮する必要がありそうです。