The abstract

仕事、趣味、家族についてまとめます。




理想のビジネスパートナーの基準

現在、事業会社のマーケティング部門におりますので、クライアントとしてビジネスパートナーと接する立場です。

 

理想のビジネスパートナーを見つけることは、自分の担当業務・任務を成功させ、更にその幅を広げるために必要な条件の一つと考えています。

 

以下の4パターンのビジネスパートナーが存在するとします。

 

  1. 高額な報酬のもと、ハイレベルな仕事をする
  2. さほど高額ではない報酬で、意欲的に仕事をする
  3. 一般より低額の報酬で、受身の仕事をする
  4. 低額の報酬で、仕事のより好みをする/むらがある

 

みなさんは、どのビジネスパートナーと仕事をしたいですか?

 

スポンサーリンク

?
 
私だったら、2と3のビジネスパートナーと上手く付き合います。
 

2.さほど高額ではない報酬で、意欲的に仕事をする

彼らのポテンシャルを引き出せれば、質の高い成果が出るかもしれません。
仕事を進めるプロセスにおいても、お互い尊重しあうことで、信頼が生まれる可能性があります。


3.一般より低額の報酬で、受身の仕事をする

プロアクティブな活動は期待できないかもしれませんが、仕事の正確さが担保されれば問題ないです。
 

1.高額な報酬のもと、ハイレベルな仕事をする

予算があれば、天下の〇〇様に面倒みてもらうのも手です。
間違いなく楽はできます。
 
ただ、ROIという観点で比較してしまうと、割に合わない結果になる可能性もあります。
 
例えば、2のパートナーより、3倍の費用がかかるとした場合に、その成果が3倍以上というのもなかなか難しい話です。
 

繰り返しになりますが、仕事の質は高いので間違いなく楽はできます。


4.低額の報酬で、より好みをする/むらがある

 

仕事を頼んではいけません。

自分の仕事が増えるだけです。

 

他にもできないパートナーの例を挙げるとキリがないですが、ネガティブな内容になるので止めておきます。

 

最後に、相手にとっては自分もビジネスパートナーになりますので、同様なモノサシで評価され、最悪の場合は愛想をつかされることも忘れないようにしたいと思います。