読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract by hinak

仕事、趣味、家族についてまとめます。




ベッキーとイクメン議員とゲス乙女とブランドの裏切り

マーケティング

以下、勝手な分析です。

 

ベッキーは叩かれる。

イクメン議員は叩かれる。

ゲス乙女は叩かれないから叩かれる。

 

ゲス乙女の音楽は結果的に売れた。

ベッキーは消える。

イクメン議員も消える。

 

スポンサーリンク

 

 

ベッキーとイクメン議員は同じです。

 

クリーンなブランドイメージを確立したのに、視聴者、有権者に対してブランドを約束したのにも関わらず、不倫という、クリーンの真逆の行為で裏切りました。

 

少し言い換えると、他のタレントや議員と異なるポジショニングを確立したのにも関わらず、不倫という行為でそのポジショニングが一瞬にして崩壊しました。

 

ゲス乙女は全く違います。

 

彼の強み、USP(ユニーク セリング プロポジション)は、音楽の才能です。

川谷絵音による作詞・作曲、彼の歌唱力は、今回の不倫騒動により全く変わるものではありません。

 

ただし、若い女性ファンに対して確立していた、ゲス乙女(川谷絵音)のポジショニングにおいては、"清潔感"という軸があったはずで、そのポジショニングは崩れました。

しかし、2人の女性メンバーがいることで、その崩壊は最小限に食い止められたのではないかと思います。

 

「ベッキーだけ社会制裁を受けて、ゲスだけ受けないのはけしからん!」

と言っている層は、何があっても文句言いたいだけの層なので、ブランディングには影響なさそうです。

 

今回の騒動で、ゲス乙女の音楽を知り、彼らの音楽を好きになった人もいるでしょう。

 

ベッキーとイクメン議員は、視聴者や有権者と約束したブランドを、不倫という行為で裏切り、確立していたポジショニングが一瞬で崩れ、彼らの価値は無になりました。

 

おーこわ。