The abstract

仕事、趣味、家族についてまとめます。




ハーバード・ビジネス・レビュー 歴代マッキンゼー賞を受賞した論文から参考になりそうなものを抜粋してみた

ハーバード・ビジネス・レビュー (HBR)は、1922年にハーバード・ビジネススクールの建学の精神に基づいて創刊された、世界最古のマネジメント誌である。

ダイヤモンド ハーバード・ビジネス・レビューは、アメリカに次いで2番目に早く、1976年に創刊され、本家HBR誌の魅力を最大限生かすとともに、日本の状況に合わせて日本オリジナルの論文やインタビューを収録している。世界最先端の論文の中から毎月10本を厳選し、各国のHBR誌からも一目置かれた存在となっている。

1959年、マッキンゼー財団の申し出により、ハーバード・ビジネス・レビュー誌に「マッキンゼー賞」が創設された。
同賞は産学の有識者による選考の下、その年に掲載された論文のなかでも最も優れたものに授与される。

ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)創刊以来、世界に注目された論文 引用件数トップ10

1960年 銀賞
「マーケティング近視眼」
セオドア・レビット

1964年 金賞
「偉大なるGMの謎」
ハロルド・A・ウルフ

1967年 金賞
「優れたリーダーはあえて組織をかき回す」
H・エドワード・ラップ

1969年 金賞
「アイデアの管理」
メルビン・アンシェン

1970年 金賞
「最優先すべきはイデオロギーの革新」
ジョージ・キャボット・ロッジ

1971年 銀賞
「日本の経営から学ぶもの」
ピーター・F・ドラッカー

1977年 金賞
「マネジャーとリーダー:その似て非なる役割」
アブラハム・C・ニール

1979年 金賞
「競争の戦略:5つの要因が競争を支配する」
マイケル・E・ポーター

1981年 銀賞
「日本の成功の背後にあるもの」
ピーター・F・ドラッカー

1983年 金賞
「何が日本企業に優位をもたらしたか」
デイビッド・A・ガービン

1985年 金賞
「最新の研究成果が明かすイノベーションの成功条件」
ジェームズ・ブライアン・クウィン

1987年 金賞
「競争優位の戦略:『企業戦略』を再考する」
マイケル・E・ポーター

1987年 銀賞
「戦略クラフティング」
ヘンリー・ミンツバーグ

1988年 金賞
「時間を武器とする競争戦略」
ジョージ・ストーク Jr.

1991年 金賞
「コンピュータをつくらないコンピュータ企業」
アンドリュー・S・ラパポート、シェムエル・ハレビィ

1992年 銀賞
「エマソン社の"超"着実経営」
チャールズ・F・ナイト

1995年 金賞
「イノベーションのジレンマ」
ジョセフ・L・バウアー、クレイトン・M・クリステンセン

1996年 金賞
「革新の戦略 その10原則」
ゲイリー・ハメル

1996年 銀賞
「戦略の本質」
マイケル・E・ポーター

1997年 金賞
「『持続可能性』をチャンスに変える経営」
スチュアート・L・ハート

1998年 金賞
「バーチャル・インテグレーションが生む競争優位」
ジョアン・マグレッタ

1999年 銀賞
「伝統的組織にシリコンバレーをつくる」
ゲイリー・ハメル

スポンサーリンク


2000年 金賞
「共感のリーダーシップ」
ロバート・ゴーフィ、ガレス・ジョーンズ

2000年 銀賞
「時代を牽引するナルシスティック・リーダー」
マイケル・マコビー

2000年 銀賞
「ゲノム・ビジネス:産業融合の時代」
ファン・エンリケス、レイ・A・ゴールドバーグ

2001年 金賞
「戦略の本質は変わらない」
マイケル・E・ポーター

2001年 銀賞
「『所有から利用へ』のITマネジメント」
ジョージ・ヘーゲル3世、ジョン・シーリー・ブラウン

2002年 金賞
「失敗に寛容な組織をつくる」
リチャード・ファーソン、ラルフ・キーズ

2002年 銀賞
「競争優位のフィランソロピー」
マイケル・E・ポーター、マーク・R・クラマ

2005年 金賞
「グローバル競争とリージョナル戦略」
パンカジュ・ゲマワット

2005年 銀賞
「トヨタ生産方式で医療ミスは劇的に減らせる」
スティーブン・J・スピア

2006年 銀賞
「いまこそマネジメント・イノベーションを」
ゲイリー・ハメル

2008年 金賞
「戦略を全社員と共有する経営」
デイビッド・J・コリス、マイケル・G・ルクスタッド

2008年 銀賞
「ビジネスモデル・イノベーションの原則」
マーク・W・ジョンソン、クレイトン・M・クリステンセン、ヘニング・カガーマン

2009年 金賞
「競争力の処方箋」
ゲイリー・P・ピサノ、ウィリー・C・シー

2010年 金賞
「プロフェッショナル人生論」
クレイトン・M・クリステンセン

2010年 銀賞
「イノベーションをめぐる対立を解消する」
ビジャイ・ゴビンダラジャン、クリス・トリンブル

2011年 金賞
「共通価値の戦略」
マイケル・E・ポーター、マーク・R・クラマー

2011年 銀賞
「グレート・カンパニーの経営論」
ロザベス・モス・カンター

2012年 銀賞
「チームづくりの科学」
アレックス・サンディ・ペントランド

2013年 金賞
「リーダーは集中力を操る」
ダニエル・ゴールドマン

2013年 ファイナリスト
「ヘルスケア市場の改善戦略」
マイケル・E・ポーター、トーマス・H・リー

2013年 ファイナリスト
「クラウドはビジネス・パートナーである」
ケビン・J・ブードロー、カリム・R・ラカニー

2014年 ファイナリスト
「The Transparency Trap」
Ethan Bernstein

2014年 ファイナリスト
「Contextual Intelligence」
Tarun Khanna



Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2010年 09月号 [雑誌]

ハーバード・ビジネス・レビューBEST10論文―世界の経営者が愛読する