読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract by hinak

仕事、趣味、家族についてまとめます。




ポーターの競争戦略におけるイケアの活動価値やコストの適合性

エッセンシャル版

マイケルポーターの競争戦略
より
 

適合性とは何か?

 

イケアが特別に調整された活動について行った選択

 
  1. 製品デザイナーのネットワーク(管理された製品開発
  2. 中央管理されたグローバルサプライチェーン
  3. 巨大な店舗
  4. 店舗とつづきの倉庫
  5. 高速道路へのアクセスがよい郊外の土地
  6. 広い無料駐車場
  7. ショールームのフロアに店員を配置しない
  8. 本物の部屋を模したモデルルームに商品を陳列
  9. 全商品に大きな情報タグをつける
  10. フラットパック梱包
  11. 店内のカフェテリア
  12. 店内の託児遊戯室

スポンサーリンク

 

 

  • 車で行きやすい場所に店があり、購入品を積みやすいことが、フラットパックの価値を増幅している。
  • 巨大な店舗のおかげで、グローバルな製品調達の価値がさらに高まる。
  • 顧客の平均滞在時間が長くなるほど、巨大店舗の価値は高まる。
  • 無料の託児所と店内のカフェテリアがあるからこそ、顧客はゆっくりくつろげる。
  • 巨大な店舗レイアウトだからこそ、本物の部屋を模したモデルルームに全商品を陳列する空間ができる。
  • こうしたディスプレイと製品につけられた大きな情報タグのおかげで、店員がいなくても顧客が困ることはない。

ポーターは、活動システムマップと呼ぶツールをつくった。

 
活動システムマップ
企業の主要な活動、価値提案との関係、活動間の関係、適合性を図解したもの。

 

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

  • 作者: ジョアン・マグレッタ,マイケル・ポーター(協力),櫻井祐子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/09/21
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る