読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract by hinak

仕事、趣味、家族についてまとめます。




なぜYoutuberにムカつくのか?

夏休みに家にいると、ちょいちょいムカつきます。

子供向けのYoutube動画をUPしてるYoutuberたちにムカつきます。
 
ムカつく感情を整理します。
 

子供がスマホで見たがるがらムカつく

 
おっさんやおばさん(?)や、姉妹みたいのが、アンパンマンやらのおもちゃで、遊んでいるだけの動画は公の場から消えてほしいです。
 
姉妹みたいのが、きゃっきゃっ言いながら遊ぶのを、母親が撮影しているのですが、その構図もムカつきます。子供使って金儲けんなと。
 
おっさんやおばさんが、おもちゃで遊んでる動画は、とりあえず気持ち悪い。
小遣いが稼げても、自分は絶対やらない。
気持ち悪い。
 

Youtuberがかなり儲けているのがムカつく

 

スポンサーリンク

 

 

ヒカキンの年収は億を超えているようです。
 
姉妹も5000万以上稼いでいるとか。
 
素人がくだらない動画作って、子供にみせて、広告収入で儲ける。
という仕組みが成立しているのが、ムカつきます。
 
企業の広告担当者も、自分が選定した媒体、広告効果を考えてほしいです。
広告費用は商品の価格に転嫁されるので、Youtuberの収入は、結局わたしたち消費者が支払っているようなものです。
実は広告効果は高かったりして。
 
Youtuberの動画に広告出稿している企業の商品を買うのは止めよう。という不買運動まで発展すればいいのに。は言い過ぎですが、Youtubeに連続で出てくる同一企業の広告を見ると、Youtubeの広告システムか、企業の広告担当がバカというか、手抜いてるなと思います。
 
繰り返しになりますが、結局のところ、Youtuberの収入は、間接的に消費者が支払っています。
そう考えるとやはりムカつきます。
 
質の高い作品を作ることで儲けているのであれば、ムカつくことも無いのですが。
 

生理的にムカつく

 
Youtuberたちの見た目、おもちゃで遊んで音楽付けてUPするおじさん、おばさん、子供を撮影して加工してUPする親、その構図がとにかく気持ち悪い。
 
こんなYoutuberや素人が、くだらない動画で高額収入を得る仕組みがおかしくて、質の高い制作をするプロのクリエイターが儲かる仕組みがつくられるべきだと思うのですが、どうなんでしょ。
 
楽して儲かる領域をいち早く見つけ、周囲の批判に耐え、終わりが来るまで儲け続ける。
その姿勢は評価できますが、自分のYoutubeには表示されないようにブロックかけたいもんです。