読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract by hinak

仕事、趣味、家族についてまとめます。




メールの弊害 情報を捨てるセンス 選ぶ技術

メールを着信すると、
画面に小さいポップアップが現れ、
メールをチェックする。

スマホでも、メッセージを着信すると、
ポップアップが表示され、
メッセージ(LINE)をチェックする。

仕事でもプライベートでも、
プッシュで送られてくるメッセージに

慢性的に翻弄されている方も多いかと思います。

ノリーナ・ハーツ著「情報を捨てるセンス 選ぶ技術」では、
このように書かれています。

「選択を妨害するもの 中断という麻薬」

スポンサーリンク


・かつて、顔にポタポタと水をたらし続けて正気を失わせる
“水責め”という拷問が存在したが、
“情報責め”はこれの二十一世紀版といえる。

・1984年 ストックホルム大学のコンピュータ科学者
ヤコブ・パルメは、「eメールが多くの人々に利用されれば、
たちまち深刻な情報過負荷の問題が起きるだろう。」
と警告した。

・2012年には、毎日1分につき2億400万件以上のメールが送られている。

・パソコンの使用中に画面を変えてメールや別のプログラムを
チェックする回数は、平均すると1時間に37回。

・大学生の43%は、1時間に3回以上ソーシャルメディアを見て、
勉強を中断してしまう。

・一度メールの受信音で作業を中断されると、やりかけの作業に対して
元の集中レベルまで戻すのに平均22分かかることがわかった。
このうち27%のケースでは、最初に行っていた作業に戻るのに2時間以上
かかった。

・ひっきりなしの電話、メールによって、人のIQは一時的に
10ポイント低下する。

・職場では同僚やオフィス機器がもたらす騒音によって、
私たちの生産性は66%も下がる。

・仕事が終わってから、休暇中に、仕事のメールをチェックしているという
人の割合は40%にものぼっている。
86%の人はテレビを見ながら携帯電話をいじっている。