読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract by hinak

仕事、趣味、家族についてまとめます。




理想の経営者に求められる資質

日経新聞より引用

 取締役、執行役員に聞いた日本能率協会(東京・港)の調査によると、これからの経営者には「イノベーションの気概」「変化への柔軟性」「本質を見抜く力」といった資質が必要という。決断力、人脈、さらには環境対応力がキャリアアップに求められる。

引用終わり

その他、「ビジョンを掲げる力」、「過去からの脱却」が挙げられている。

キャリアアップのためには、経営者でなくとも認識しておきたい内容です。

挙げられた項目でおもしろいのは、曖昧なものが多いところです。

イノベーション、変化、柔軟性、本質、ビジョン、過去と、単語をピックアップすると、バズワードが使われており具体的なイメージがわかないです。

このような時代、環境においては、経営者も自分の目指す方向性が分からないのではないかと思います。

売上、利益が増え、顧客は満足し、株価が上がり、雇用を生み、社員やその家族が幸せになり、地域が活性化し、社会貢献をする…

しかし、各環境において、様々なステークホルダーが存在しており、複雑な利害関係が存在しています。

まとめます。

スポンサーリンク


マーケットは常に変化を繰り返し、次々とイノベーションが生まれている。
市場で勝ち抜くためには、その変化に柔軟性を持って対応するだけでなく、顧客が求める価値を認識し、ビジネスの本質が何なのか?を見極める必要がある。

その時に経営者は何をすべきか?
経営者は優れた先見性を持ち、明確なビジョンを示すべきであろう。
そのビジョンに近づくためのタスクを速やかに実行に移すためには、既存の枠組みを取り壊し、過去からの脱却を果たすことも重要となる。
特に日本企業においては、これらの点を経営者自身が強く推進する必要がある。

それっぽいけどイメージわかない。