読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract by hinak

仕事、趣味、家族についてまとめます。




医療における適応と適用の違い

医療に携わる場合、「適応」と「適用」の使い方を迷う方もいらっしゃると思います。

私なんかも喋りながら、どちらか判断つかないと、"お"と"よ"の中間を発音して、

[てきょおう tekiiou]

みたいな感じでごまかしたりします。

スポンサーリンク



適応

・薬剤の適応、適応症、適応外薬

適応(てきおう)とは - コトバンク

適用

・保険適用、高額療養費制度適用、限度額適用認定証

適用(テキヨウ)とは - コトバンク

医療業界長い人との会話、メール上でも、
「薬剤の適用症」
となっていたり、この人間違ってるな。
と気付くことがたまにあります。

Wikipediaの"適応"のページも間違えてます。

「健康保険適応がある」とは、医療費の一部または全部が保険から支払われ、保険者や被保険者(診療を受けた者、患者)の負担が軽減する状態を指す。

適応 - Wikipedia

常に間違えている人は、周りからあまり良いイメージがないと思いますので、気をつけましょう。

または、"お"と"よ"の中間音を常に使うようにしましょう。