読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract by hinak

仕事、趣味、家族についてまとめます。




SCSKの長時間労働・残業削減施策

日経新聞より、
SCSKの残業削減施策。

かつては少しブラックな香りがした企業ですが、現在では女性の働く環境を整備したり、下記のような取り組みをを行う優良企業のイメージが強いですね。

適切な業務量をどのようにコントロールするのかに興味があります。

スポンサーリンク


以下、日経新聞より

入社7年以上の中堅社員には裁量労働制を適用し、月給に34時間分の残業手当を一律で上乗せする。残業時間がゼロならば、34時間分の手当を余分に受け取れる。反対に50時間の残業をすると16時間分の手当は得られずに損をする仕組みだ。

入社7年未満の若手社員には20時間分の残業手当を上乗せする。残業ゼロなら17%の給与増になる計算だ。20時間を超えると上乗せがなくなり、時間通りの支給となる。