読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract by hinak

仕事、趣味、家族についてまとめます。




統計学の基本から学んでみる

これからの時代、英語と統計学は一般教養・一般言語として、

考えなければならない。と思い、

意を決して「統計学」を一から勉強してみようと思います。

 

そんな場合は、まず本を読むことからスタートです。

 

いきなり難しい本を読むのは気が引けるので、まずは

「マンガでわかる統計学」

という、ハードルが一番低そうな本(漫画)から読んでみます。

 

 

主人公のルイちゃん(女子高生)が、

恋愛を成就させるために、統計の勉強をする。

という二次元が好きな男性にはもってこいのストーリーを

楽しみながら、統計学も学べてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 

ふむふむ。

最初は分かりやすい事例を盛り込みながら、

読者は主人公のルイちゃんと一緒にかしこくなっていきます。

 

漫画なので読みやすいのですが、

読者は徐々にルイちゃんの成長についていけなくなるでしょう。

 

漫画の間にある、先生の解説が段々難しくなっていくのですが、

ルイちゃんはもともとかしこい女子高生なようで、

読者を置いて、統計のいろはを難なく身につけていくのでありました。

 

次に手にした書籍はこれです。

 

 

 「統計学入門」です。

 標準偏差を重視した内容で、

正規分布、カイ二乗分布、T分布を学んでいきます。

基本的な内容はかなり分かりやすく、

統計の基礎が身につくのではないかと思います。

 

ルイちゃんは、先生に教えてもらいながら、

自習としてこの「統計学入門」を読んでいたのではないか。

と私は推測します。

 

それともルイちゃんの上達は、

恋を成就させるという強い目標があったから

短期間で統計学をマスターしていったのかもしれません。

 

個人的には「統計学入門」は、

基礎を学びたい方にはおすすめかと思います。