The abstract

仕事、趣味、家族についてまとめます。




混合診療の是非と日本医師会が反対する理由

医療業界において避けられないテーマ、混合診療についてです。

国民にとっての混合診療

・日本における治療方法が限定されている疾患や、難病の患者さんにとっては、治癒や生存の確率が上がり有益である

・ただし、お金が無ければそのベネフィットを享受することはできない

・混合診療の普及のためには、その一部を国民全体で負担することになると、病気で無い人には不利益となる

日本医師会の主張

混合診療ってなに?:日本医師会はこう考えています

医療には平等、公平性が必要。

※ 貧乏人が死に、金持ちだけが生き残るのは不平等。というのは倫理的には分かる。

一方、国外に治療法があるのに、難病の子供、患者さんが死んでいくのを見過ごすことは、心情的には許容できない。

但し現在でも、金さえあれば国外の治療を受けることは出来るので、日本医師会の主張は論理的ではなく、貧乏人でも適切な治療を受けられるようにすることが、本来の医療従事者の目指すところなのではないかと思います。

日本医師会が混合診療に反対する理由

日本医師会が混合診療解禁に反対する理由 - NATROMの日記

上記のサイトのまとめの流れがほぼ正しいのではないかと感じます。

混合診療が解禁されると、
皆保険制度のカバーする領域が限定され、
その代わりに民間保険が普及する。
(このあたりは大きくな改革が無い限り、避けて通れない流れではないかと。)

日本医師会、開業医の既得権益を守る組織としては、

以下の二つの変革を阻止したいのでは無いでしょうか。

スポンサーリンク


一つ目はサイトにも書いてある通り、
現在の国民皆保険をベースとした、社会主義的な医療制度による、競争の無い診療・治療ビジネス市場が変革すること。

医療機関の間の競争が激化したら、自院が生き残っていけないことは、頭がよい医師先生であれば、分からない訳はありません。
どれだけ先延ばしし、逃げ切ることを考えるのは、ある意味仕方のないことかと思います。

二つ目はこう考えます。
民間保険の台頭により、現在保持している医療における主導権を失う可能性があること。
DPCなど、すでにその前例が認識されている中、民間保険を介した診療、治療が基本になった時点で、最適な医療を提供していない医師、またその能力のない医師の主導権は失われます。

今までは素人(患者)相手に行っていたことが、

保険会社という厳しい目で評価されることになります。

保険会社は顧客満足度を重視するので、顧客に評価されない施設は、保険の指定病院から除外されるでしょう。

そのような現実的なリスクと、漠然とした不安を許容できない医師会は、結局は患者さんの利益を優先せず、自分たちが生き残ることを最優先にしているのでは?という疑念は拭えません。

最後に、本内容は、私、素人の浅はかな一意見にすぎませんので、その旨ご了承ください。