読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract

仕事、趣味、家族についてまとめます。




Youtubeの動画広告

Youtubeの動画再生前に流れる動画広告。

うまくやれば人々の心を強くとらえることが出来そうですが、なかなか難しいのではないかと思います。

今までその広告仕様は少しずつ変わっているかと認識しています。

当初、Youtubeに広告が表示され始めたころは、あれ?と思った方も多いかと思います。

しかしこの頃は、即、広告のスキップをすることが可能でした。
よってさほどストレスは感じなかったかと思います。

その後、
「この広告は5秒後にスキップできます。」
とか表示されるようになり、
目当ての動画を見るのに、5秒間の待機を強いられるようになりました。

当時も現在も、いかに序盤の離脱を防ぐため、冒頭のインパクトを高めること、5秒より先をいかに見続けさせるための工夫と、制作においては、動画広告ならではのご苦労をされているのではないでしょうか。

ちなみに当初、広告主に広告費が請求されるのは、視聴が5秒を超えてからだったらしく、これを逆手にとったBMWは

5秒間のインパクトのある広告動画

を制作し、無料で数億の成果を出したという話を聞きました。

スポンサーリンク



最近では、スキップできない広告も登場しているようです。

視聴者は5秒でスキップすることが習慣化しており、いくら面白い広告動画を作っても、5秒で飛ばされちゃいます。

見たい動画が明確なのに、再生前に15秒の広告動画見るとか、どれだけ暇人かて思っちゃいます。

TV CMのように、視聴者にとって「あたりまえのもの」になってしまえば、面白い動画だったら、広告でも見てもらえる可能性は高いです。

しかし、表示されることを予測していない、全く興味のない、15秒広告を強制的に見せられることは、かなりの苦痛で、広告主の企業にはネガティブなイメージすら持ちます。

昨日、探していたMVを見ようとしたら、ハウスメーカーの○○ハウスの広告動画が流れはじめました。
15秒、スキップの選択肢無しです。

結果的には、「○○ハウス、うざいな。」

という気持ちしか生まれませんでした。

TV CMのように、視聴者がそのうち慣れるのかもしれませんが、過渡期においては批判の的になりそうですね。
しっかりターゲティングされていて、面白いものであれば何とか、ネガティブな印象は残さないかもしれません。

また、こんなエピソードもあります。

先日、とあるアーティストのMVを見まくっていたときに、

MVを再生するたびに毎回、某有名スポーツブランドの広告動画が流れる

という事態に遭遇しました。

毎回ですよ。

フリクエンシーのコントロールとか無いのかよ⁉︎
この動画の広告主はナ○キだけかよ⁉︎

と、媒体や広告代理店の配慮のなさに、いらつくのでありました。

ネガティブな感想ばかりで恐縮です。
「動画マーケティング」が流行りの昨今ですが、消費者に広告動画を見てもらうことは非常に難しいと思います。

以前の記事で取り上げたような人の心を惹きつける動画も存在するので、
"いつ"、"どこで"見てもらうか?
の設計が適切であれば成功するかと思います。

大量データをどのように見せるか? - The abstract by hinak

あるクルマの一生 -平均で見る日本の自動車- | ソニー損保のビデオグラフィック