読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract

仕事、趣味、家族についてまとめます。




脱法?合法?ドラッグと大麻と運転

脱法ハーブ吸引後の運転による事故がニュースで取り上げられています。

 
そんな事故に自分や家族が巻き込まれてしまった日には国を怨みます。
 
脱法というか、合法なので、それ自体は取り締まれません。
 
ヤメろと言っても合法なので、ヤメる筋合いはありません。
(私はやってません)
 
基本ハーブなので、身体には悪くなさそうです。
※ホントはケミカル混ぜ物が入っていると思うので、継続的な使用は害があると思います。
 
酒を飲むように、気持ち悪くならない?し、肝臓を壊さない。
※ 混ぜ物のせいで、中枢神経系の障害が出ると思います。
 
よって、愛用している人々は目立ったヤメる理由が無いかと思います。
 
喫緊の問題は、
脱法ハーブを吸引した後の運転です。
 
脱法ハーブ吸引後の運転には罰則がないのでは?
薬物乱用後の運転は違法ですが、そもそも薬物では無いし。
ラリって事故ったら、危険運転で逮捕されますが、あくまでも事故を起こした後です。
 
で、現在公に打たれている手は、脱法ハーブの使用をさせないこと。
 
ここまで拡がったら無理でしょう。
 
警視庁の厚労省が、脱法ハーブの新名称を募集しています。
格好悪いネーミングにして、若者が手を出すのを辞めさせましょう。って。
ハーブの認知拡大のPRになっており、人々の興味も拡がりそうです。
本気でやってるとは信じたくないけど、このタイミングに出されると本気な施策の一つと思わざるを得ません。
 
アメリカでは、一部の州で大麻が合法化されています。
一定の規制のもと、人々は大麻を使用できます。
合法化されているので、基本的には偽脱法ドラッグに手を出す人々は減っているでしょう。
もちろん大麻を吸った後の運転は違法です。
苦肉の策だったとは思いますが、合理的な判断で、全体のデザインもよくされています。
 
日本で今必要なアクションは、
脱法ハーブ吸引後の運転を無くすこと。
 
しかし、脱法ハーブの定義が出来ない。
 
酒や麻薬、脱法ハーブ、シンナー等で、ラリってるときに運転すると重罪です。「ラリってる」の定義はできませんので、現場の警察官が判断します。
のようには現代だと出来ないですよね…
 
日本の頭の良い方々の出した現時点の結論は、脱法ハーブを無くそう。
で、アメリカの判断は鉄板の合理性。
 
経済以外は発展途上な日本を変えていかないといけないですね。
 
とりあえず検問で、酩酊状態のドライバーを大量に検挙して、厳しい罰則を課してください。
 
「事故が起きる前にね!」