読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The abstract

仕事、趣味、家族についてまとめます。




戦略と戦術の違い

戦略と戦術の違い

よくあるテーマですが、

仕事してると、たまにアレ?ってなることがあります。

「戦略 戦術 違い」ってググると、

二つを混同している表記が数多く見られます。

やはり区別しづらい関係なのでしょうか。

 

戦略と戦術の前に、よく聞く話では、企業における間違いについてです。

 

スポンサーリンク

 

 

「本年度の我が社の戦略は、製品XXのシェアを市場ナンバーワンにすることです!」

 

今どきこんな企業は絶滅しているかもしれませんが、

目標と戦略を混同しています。

 

まず

戦略とは、目標を達成するための方針を示すこと

かと理解しております。

 

例えばサッカーの試合だと、

相手のチームに勝つために、どうすればよいのか?

 

「今日の試合は一点差で勝とう!」(目標)

 

そこで必要になるのが勝つための戦略です。

 

攻撃的な布陣で相手より点を取って勝つのか、守備的な布陣で守り切って勝つのか?

自分のチームの強みと相手チームの分析を行い、大きな方向性を導き出します。

 

仮に、守備的な方針を決定したときに、それをどのように実現するのか?

それが戦術かと思います。

 

試合中の各局面で、守備的戦略をどう実現するのか?

例えば中盤ではゾーンディフェンスを用いて、相手のパスコースを塞ぐ。

自陣内においては、厳しいマンツーマンディフェンスを行い、相手のドリブルを徹底的に防ぐ。

これが戦術かと。

 

サッカーつながりで、カテナチオって、戦略なの?戦術なの?

って考えてみます。

目標: 1 - 0 、または1点差で勝つ

戦略: 堅牢な守備で失点を防ぐ

戦術: 自陣内に多くの選手を布陣し、少ない攻撃陣でカウンターを行い点を取る。

 

戦術が奏効すれば、戦略が実現し、目標を達成することができるわけです。

 

まぁカテナチオもわかりづらいので、

会社の話に戻すと、ありそうなのが…

 

「今年は市場シェアナンバーワン取るぞ!」(目標)

 

「戦略としては、新患シェアを取りにいこうと思う。」(まだ目標)

 

「競合は、有効性のエビデンスが弱いので、KOLのメッセージを記事化して展開していこう!」(戦略と戦術が一体化)

 

新患シェア→KOLから有効性のメッセージ

 

良さそうな展開ですが、戦術が先行して、戦略を決めるプロセスが抜けてしまいました。

結果として、KOL活用ありきの戦術が実行されていきます。

 

仮に、

「競合は有効性のエビデンスが弱いので、有効性で訴求する戦略で行きましょう。」(戦略)

 

「大半の顧客は、非専門なのでKOLのメッセージが有効だと思います。」(戦術)

「一部の顧客には、文献データの提示が有効かもしれないですね。」(戦術)

「一部のリーチが困難な顧客には、ペイドメディアを活用した座談会の記事化が有効性だと思います。」(戦術)

 

こちらの方が、打ち手のバリエーションは広がりますし、途中経過を見て、戦術を変更することも可能です。