The abstract

仕事、趣味、家族についてまとめます。




会社に対する貢献を明確に示す方法

出世したい、給料がもっと欲しい場合、

自分の貢献を、会社、上司に明確に示すことが必要です。

通常、マーケティングは製品やサービスの売上、営業は自分の成績がシンプルに数字に現れます。

(シンプルすぎる不公平は発生しますが)

 

デジタルマーケティングの推進、戦略策定、ポータルサイトの運営を行っている場合、Salesを上げた要素の一部に自分の貢献が含まれることを、数値化して証明することは非常に困難です。

 

スポンサーリンク

 

 

通常のプロモーション効果検証ですら、的確には実現できていない現状です。

 

そうなってくると、『自分の貢献を証明しやすい仕事』の優先順位を上げたくなります。

 

しかしながら、その優先順位設定は会社のビジネスへの貢献を考えると、まちがったものになってくる可能性があります。

 

ではやはり、会社への貢献を優先して考えた場合、例えばマーケティングプランに不足している部分を補完し、プロモーションの質量を最大化することに注力します。

 

すると結果的に私達の貢献は、マーケターの実積となります。

マーケターが私達の貢献を何らかのかたちで示してくれればよいですが、そうもいかないでしょう。

 

ではどうすればいいのか?

 

自分の貢献を示すためには、適切なプロモーション効果検証もセットでマーケターに実施してもらわなければなりません。

実際のところは、マーケターにそれをお願いすることはかなり難しいわけで、何らかの仕組みを作ってあげない限りはやってくれません。

マーケターにはそんな暇はなく、一つの施策が終わったら、次に取り掛からないといけません。

 

ベストな方法は、第三者、例えばデータアナリストにプロモーション効果検証を実施してもらい、プロモーションが成功した要因を可視化することだと思います。

そして大事なのは、仕組みができたらそれをツール化、システム化することです。

 

言うは易し。という感じですが、自分の貢献を明示化するためには、プロモーションが終了してからも、一汗かかないといけなそうですね。